餃子を余らせて中華スープ

スープ類は誰でも簡単に作れるとても便利な料理です

餃子を余らせて中華スープ 最近、味噌汁やスープなどの汁物をあまり食べていないという人も多いのではないでしょうか。汁物は一品加えるだけでも献立が豪華に見えたり、栄養バランスを簡単に整える事が出来るので日頃からなるべく作るようにしてほしい料理の一つです。また、スープ類は一度鍋で大量に作ってしまうと温め直して何日でも食べる事が出来ますし、味付けも自分の好みに合わせて変える事が出来るのでとても便利な料理ですよ。

忙しい人や普段料理をあまりしない人にもお勧めなのは野菜をたっぷり使った具だくさんのスープです。作り方は鍋に水と野菜を入れて火にかけ煮込み、コンソメ顆粒やトマト缶、塩コショウで味を調えるだけです。野菜は玉ねぎやキャベツ、人参、しめじ、エリンギ、ピーマンなどなんでも入れてOKですし、鶏肉やソーセージを入れるとお肉からだしが出るのでより美味しくなりお勧めです。また、具材が無くなりスープが余ってもスープを器に盛り、刻みネギやチーズを入れたり、ご飯を入れてスープ飯としても楽しむ事が出来ますよ。

野菜もたくさん取れ、きのこなどの食物繊維も豊富なのでデトックス効果が期待出来、便秘解消にも効果的です。また、食事の最初に食べる事によってスープでお腹が膨れ満腹感をえる事が出来るので食べ過ぎ防止やダイエット中の人にもお勧めな料理です。とても簡単なので一度作ってみてはどうでしょうか。