餃子を余らせて中華スープ

冬におすすめの温かいスープのレシピ

餃子を余らせて中華スープ 私は、冬になると温かいスープが飲みたくなります。大雪の中家に帰ってきたときに飲むスープは体も暖まりますしホッとしますよね。料理が得意な訳じゃないので凝ったものは作りませんがあれば一品にもなるし、ここ数年、異常気象で冬場はとても寒かったのでいつの間にかスープ作りにはまっている自分がいました。

スープを作りには豆類が欠かせないので、家事の合間とかお休みの日に乾燥豆を水に戻しておきます。戻した豆は1か月ほど冷凍保存もできるので便利に使っています。基本的に豆は乾燥した状態で売っているのですが、私が好きなレンズ豆は水に戻す必要がなく、すぐに柔らかく煮えます。豆類は、食物繊維が豊富で栄養価も高いそうで、トマト味にしてみたり、豆乳とかベーコンと合わせてもおいしいし、他の具材とよく合うのもスープに豆類が欠かせない理由です。

もう一つ、私が大好きなのはポタージュです。南瓜のポタージュスープが一番のオススメです。生姜を入れると冷えにも効くし、冬の定番のお鍋では味わえないこっくりした風味は飽きが来ないので本当に重宝します。南瓜とかじゃが芋、ほうれん草など好きな材料をを蒸したりして柔らかくしたものをミキサーでペースト状にして、あとはお鍋一つで作れるのでとっても楽です。母が昔よく作ってくれたのを思い出しながら作っています。今年はどんなスープを作ろうかと今からあれこれ考えています。