餃子を余らせて中華スープ

余った食材を使って作る、食材消費スープ

餃子を余らせて中華スープ 1人暮らしをしている方にせよ、家族で住まわれている方にせよ、料理に関してやってしまいがちなのが、食材の買い過ぎではないでしょうか。スーパーに行っていつもより安く売られているとつい買ってしまったり、よく使うものだからとたくさん買ってしまったりして、結局余ってダメにしてしまい、捨ててしまうこともあるでしょう。このように買い過ぎてしまった食材を一気に消費するのにぴったりの料理が、スープです。野菜でも肉でも魚でもきのこでも、どんな食材との組み合わせでも、煮込むことで出汁がでて美味しくなりますし、作る。

のも簡単です。余った食材をお好みの大きさにきり、根菜は水から、それ以外は沸騰してから加えるようにし、あくをとります。一通りあくを取ったら、食材が柔らかくなるまで煮込みます。柔らかくなったところで、味付け。コンソメでもいいですし、中華あじでも、ケチャップやトマト缶を入れてミネストローネ風にしてもいいと思います。最後に溶き卵を入れるとより一層美味しくなります。このスープも余ってしまった場合は、市販のカレーのルーを入れれば、野菜の出汁が香る、美味しいカレーができます。食材を買い過ぎてしまったり、中途半端に残ってしまったりした場合は、そのすべてを使ってスープにするのも、食材を消費するひとつの手段としてお勧めです。