餃子を余らせて中華スープ

美容食材でスープを作ろう

餃子を余らせて中華スープ 年齢を重ねると肌には様々な問題が見られるのです。くすみやたるみ、しわやしみなど、これらはいずれも女性を悩ますものなのです。肌は食生活の影響を大きく受けるものです。毎日摂取する食材によって肌の保水力やはり、肌の色なども全て左右すると言われています。そのため肌に良い食材をスープなどに溶かし込んで毎日摂取するようにしたいものです。特に保水力を高めるスープとして、鶏がらスープがオススメです。スーパーで鳥の軟骨やとさかなどが非常に安く大量に販売されています。こうした物を鶏がらスープの素と一緒にコトコト長時間かけて煮込むのです。

すると保湿や保水性分となる鶏のコラーゲンがスープに全て溶け込み、効果的にこうした成分を摂取することが出来るようになるのです。こうした鶏がらスープにビタミンを豊富に含む緑黄色野菜のニンジンやブロッコリーを投入し野菜スープとして頂けば非常に肌に透明感が出てくすみも解消されるようになるのです。鶏がらの野菜スープは肌のハリを蘇らせ顔色を浴するのに最適のスープと言えるでしょう。大量に鶏がらスープを作り冷凍庫で保管し、必要な分だけ溶かして飲めば毎日調理する手間が省け、料理の時間短縮にもなるのです。