餃子を余らせて中華スープ

さっぱりしたスープでほっとしたい

餃子を余らせて中華スープ 料理を作る時には、味の濃いものを作ればそれ以外のものはなるべく薄味のものやさっぱりしたものを作るようにしています。全部の料理がこってりしていたり濃いものばかりだと、食べきるのに大変だからです。メイン料理が濃いめの味付けなどになるときには、スープなどを作る時にはなるべくさっぱりしたものにするようにしています。具もたっぷり入れる事が多いのですが、こういう時にはなるべくシンプルにすっと飲みきれるように、食材もそれほど使わないことが多いです。けれどもやはり、メインの料理を引き立てるようなイメージで作るように心がけています。

薄味過ぎても味気ないので、ある程度味見をするようにしています。その上で、これぐらいなら料理の邪魔をしないという様な加減をしていくのです。和風が良いなら出汁でさっぱりとさせて、野菜を使う時にはなるべく淡白な味のものを使うといいでしょう。スープもどちらかというとさらりとしたタイプで、とろみなどはつけません。卵を使うときにも、白身を使うなどすればさらにさっぱりとします。料理と食べて美味しいスープというのも簡単なようでいて難しいものですから、自分なりに工夫をしてみると食べる時により美味しくなると思います。